So-net無料ブログ作成

JS.png 【クリエーターズスタンプ】大人が使えるスタンプはこちら≫

HM.png 【クリエーターズスタンプ】面白オヤジのスタンプはこちら≫

千原ジュニア すべらない話でディズニーシー「クラッシュ」語る [TV番組]

スポンサーリンク




先日放送された「松本人志のすべらない話」で、
ディズニーシーにあるアトラクションの一つ、「タートルトーク」ヘ行った時の話していた。

その模様が↓これ。



いつまで閲覧できるかわからないので、早めのご視聴を。

すべらない話は、人気番組なのでその影響も大きかったのか、
それ以降の「タートルトーク」の待ち時間がすごいことになったらしいといううわさも。



で、この時のロケ番組を丁度見ていた。
今年の3月頃だったと思う。

私たちもディズニーシーへ行く予定だったので、シーは初めてだし
予備知識も欲しかった。

待ち時間をできるだけ少なく、ファットパスの有効活用法など
有意義な情報が盛りだくさんだった。


この中で今回の「タートルトーク」が紹介されていた。


水中を泳いで登場するクラッシュは、ダンディーな大人の男性といった声。
クラッシュの見事なお客さんとのトークのキャッチボールがほのぼのとして楽しい。

どちらかと言えば、激しい系のアトラクションが苦手な私には、
一番興味深く映った。


当日、早速S.S.コロンビア号へと向かった。
すでに55分待ち。やっぱりどれも人気。
番組で言うほどスムーズには回れないなぁ。

いよいよ、クラッシュとのご対面。


DSTT.jpg


「みんなぁ、質問のあるヤツは元気よくヒレをあげてくれ~」クラッシュは、手をヒレという。

「なんだぁ?!大人は元気ないじゃないかぁ」

「もう一度、大人だけヒレをあげてくれぇ」

一人だけ元気に上げる人がいて

「一人元気いいじゃないか。じゃそこの黒の甲羅を着た彼、名前は?」

その人「え~っと、ユウキです」。

クラッシュ「エーットユウキ?!」そこで一つ爆笑が。

クラッシュ「じゃあエーットユウキ、俺に質問はあるか?」という具合に、

それ以降、トークの要所要所でエーットユウキを入れてくる。

最後は「じゃあ、今日はここまでだ。エーットユウキも元気でなぁ」という具合に。

まさにお笑いを分かってるトークに始終した。

本人的にはどうだろう・・・嬉しかったんじゃないかなぁ。


3Dのアニメーションキャラクターと会話するだけ・・・。
こんなシンプルなアトラクションで心を和まされるとは
綿密なキャラ設定こそが、 功を成なしているんでしょう。

千原ジュニアさんが心惹かれた気持ちがよくわかった。
シンプルイズベスト!

まさにディズニー・マジック。


ただひとつの難点が・・。
ディズニシーの、あの人の多さは何とかならないかなぁ(^^;



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


                    ■ Wipeoutな日々

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。